生命保険は自分に見合ったものを

生命保険、一概に言ってもよくわからないことかと思います。まずは簡単に説明しましょう。まず、保険のかけ方の違いとして、「終身」と「定期」に分かれます。保証期間の事で、終身は死ぬまで保証が続き、定期は定められた期間(10年、20年が多めです)の保証になります。定期は保証期間10年の場合、期間内に死んだら保険金がはいりますが10年生きてたら全くの無駄になります。その為、終身の方が人気ですがその分保険料も割高です。また、生命保険の種類に「死亡保険」「医療保険」とかがあります。死亡保険は、死んだ時に残された家族のためにかける保険で、死亡時に保険金が下りるます。対して、医療保険は、患者が病気にかかった場合に備えて入る保険で、対象の病気や怪我の際に生きているうちに保険金がおりる仕組みです。

リンク

船酔い止めを飲んで、海に潜るのは危険!?

皮膚のたるみを引き締めて、キレイなボディを目指します!